日焼けケア

日焼け止めを使うときはSPFとPAの数値を参考に

日焼け止めの塗り方、使い方についてですが、日焼け止めのSPFというのは、現在最大の数値が「50+」(50より大きい意味)です。

では、日焼け止めを選ぶとき、「常に一番数値を選べば良いのか?」と言えば、そうでもありません。

やはり、SPFの数値が大きいほど、肌への負担が大きく、どこでどのくらい紫外線に浴びるのかという、TPOに合わせて、使用する日焼け止めを選ぶのが良いでしょう。

日焼け止めの程度の目安としては、
・日常の生活を送る ― SPF20程度、PA+~PA++
・仕事等で外出がまあまあある ― SPF30程度、PA++~PA+++
・海や山へのレジャー、スキー場、長時間の外出 ― SPF50又は50+、PA+++
がオススメです。

又、PAについては、紫外線UVA波の防止効果を表したもので、SPF(UVB波)だけでなくPAの表記にも注意しましょう。
PA+ ― UVAの防止効果が、ある。
PA++ ― UVAの防止効果が、かなりある。
PA+++ ― UVAの防止効果が、非常にある。
PAについては上記の通りです。

また、お肌の弱い方は、日焼け止めを塗る前には、パッチテストをされることをお勧めします。日焼け止めは顔に塗る事が多いので、顔の肌トラブルになるのはなるべく避けたいからです。

パッチテストは、腕の内側など目立ちにくくて皮膚の弱い部分を使用して行います。日焼け止めを使う前に腕の内側等に塗り、すぐに異常が出なければそのまま一日程度過ごし、変化がないかを調べます。特に異常がなければ、顔に使用してもトラブルは起きにくいと判断します。もし、何か異常が起きれば、皮膚科など専門家に相談しましょう。

塗り直しは必要

そろそろ夏も終わりに近付いてきたころ、我が子の日焼けした腕を見てびっくりしたことがありました。プールや海などで日焼けした腕を見ると、焼けてない部分が斑点のようになっていました。丁度、パンダの模様のように、黒い部分と白い部分がくっきりできていたんです。

日焼け止めは、満遍なくつけていたつもりですが、ところどころ取れてしまったのでしょうか。なぜこのように黒い日焼けの中に、白い日に焼けてない部分ができてしまったのでしょう。

心配に思い、掛り付けの皮膚科に相談してみました。我が子は生まれた時からアトピー性皮膚炎で皮膚がとても弱かったのですが、皮膚科の先生によれば、「皮膚トラブルのある部分は日焼けをできない」のだそうです。腕のところどころにカサカサした部分や、掻いてひどくなってしまった部分もあり、その部分が日焼けをできなくて、白く残ってしまったということでした。

日焼け止めは、しっかり塗っていたつもりでしたが、プールなど何時間も日に当たったり、汗を多くかいたりする時には、取れてしまうこともあり、健康な肌の部分は黒く日焼けしてしまったんですね。私は、日焼け止めに頼り過ぎてしまったことを、とても後悔しました。

やはり、肌の弱い人が海やプールなど、日差しの強いところへ行く時は、日焼け止めだけに頼らず、必ずラッシュガードなど、物理的に直射日光をを防御できるものを持参されることをお勧めします。

少し実体験を記載しましたが、このように万が一日焼けの仕方が変だと感じた際には、皮膚科の医師とも相談して、肌のアフターケアをするようにしましょう。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.