日焼けケア

そばかすを悪化させないために日焼け止めで紫外線対策

ふと子供の顔を見てみると、小さい頃にはなかった「そばかす」ができていました。
そんなにも日焼けをさせてしまったのかと驚いて、いろいろ調べてみると、シミなどは日焼けによってできる物が多いけれども、そばかすは一般的に「色素の薄い人」や「遺伝的」な要素が強いのだそうです。
なるほど、私も私の母も肌の色は白い方で、そばかすも顔にできています。
やはりこれって遺伝なんでしょうかね。
そばかすは先天的なもの、シミは後天的なものと考えると解りやすいのではないかと思います。

しかし、そばかすは遺伝的な要素も強いものの、そばかすの症状を悪くさせるのか、軽く済ませるかは、本人のケアにもよるのだそうです。

もともとそばかすの遺伝的な要因のある肌に、紫外線があたることによってそばかすが活性化してしまうのだそうです。
ですから、そばかすの予防の為に紫外線対策をするというのは、間違いではないのです。

そばかすは、鼻を中心にできることが多く、紫外線を浴びることで色素が濃くなってしまうようです。
ですから、顔の中でも、鼻や頬などの高い部分は、日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線対策をしておくことが大切です。

又、どうしてもそばかすがひどくて気になる方は、レーザー治療などの方法で治療することもできますので、気になる方は医師に相談されるのも一つの手だと思います。

そばかすの予防としては、「紫外線予防」がやはり一番。紫外線は一年中ありますので、夏だけではなくオールシーズン気を付けたいものですね。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.