日焼けケア

日焼けが原因でシワになるのを防ぐために日焼けケアは大切

日焼けを避けるためには、なるべくSPFやPAの数値の高いものを選びたいですが、その分肌への負担が心配ですよね。

大人よりもデリケートな子供の肌にはどうなのでしょうか。子供に日焼け止めなんて早いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、子供の頃の肌の方が、大人の肌に比べ、細胞分裂が活発なため、皮膚の遺伝子に傷がつきやすく、しわやシミの原因となったりすることもあるようです。

ですから、子供だから日焼けをしても健康的じゃないかとは思わずに、しっかりと紫外線対策をした方が良さそうですね。ただ、大人用のSPFやPAの数値の高い日焼け止めでは、肌への刺激や負担が大きいので、子供には子供用もしくは敏感肌用の低刺激のものを着けるのが良いと思います。

また、子供は汗をかきやすいのでこまめに付けるのも忘れないようにしましょう。ベタつきのある日焼け止めは、子供が嫌がることもあるので、さらっとした日焼け止めを選びたいですね。

日焼けには「光老化」という現象があり、紫外線を浴び続けることにより、肌がダメージを受け、シミやシワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。実は、シミ・シワ・たるみなどの老化現象の約8割が、この「光老化」が原因とも言われています。日焼け予防をするのに早すぎる・遅すぎるということはありません。子供の肌もしっかり大人がケアしてあげたいものです。

そして、日焼け止めをつけたら、しっかり落とすことも大切です。大人のクレンジング剤などは、やはり肌に負担を掛けてしまうでしょうから、子供用の日焼け止め落としを選ぶのが良いと思います。

子供用の日焼け止めでしたら、ベビー石鹸や、ベビー用品コーナーなどにシートタイプの日焼け止め落としなども売られていますので、こういったものを利用すれば手軽ですし、ベビー用品ですので肌への負担も少なくてお勧めですよ。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.