日焼けケア

日焼けでシミを作らないために紫外線対策と日焼けケアをしよう

年齢を重ねる度、シミができやすくなる感じがしませんか?
もちろん老化によって、肌のターンオーバーが遅れると、シミも原因ともなります。
しかし、シミができる原因はそれだけではなく、様々な原因もあるのです。

シミの原因には、紫外線による日焼け、ホルモンバランスの崩れ、ストレス、食べ物、自律神経が乱れなどがあります。
その中でも特に、シミの原因となりやすいのが、紫外線なのです。

日焼けなどで肌が紫外線に当たると、体の中ではそれを防ぐために、メラニンが作りだされます。
通常は、このメラニンは肌のターンオーバーにより、剥がれ落ちるのですが、何らかのトラブルでこのバランスが崩れると、メラニンが肌に残ってしまいシミの原因となってしまいます。

バランスの乱れは、加齢によるターンオーバーの遅れだったり、紫外線の浴び過ぎによるメラニンの過度の生成だったりします。
また、紫外線の浴び過ぎにより、真皮までダメージを受けると、そこで色素沈着を起こしてしまい、シミになってしまうこともあります。 顔の中でも紫外線の当たりやすい部位は、シミになりやすく、目・頬・口・こめかみなどは特に気をつけましょう。

それから、日焼けによって、皮がめくれてくることがありますが、この皮をむいてしまうのは良くありません。皮膚を傷つけるので、トラブルの原因になりますし、その上から日焼けしてしまうのは、シミの原因となるからです。 とにかく、原因は様々ですが、紫外線を防ぐことこそ、シミ防止の一番の予防と言えるでしょう。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.