日焼けケア

紫外線対策は二つの波長を止める日焼け止めで予防しましょう

私たちは夏など屋外へ出掛けるときは、なんらかの紫外線対策をしていくことが多いですよね。それはもちろん日焼けをしたくないから、紫外線は体に悪いから、というのは漠然とは解っているのですが、果たして、具体的にはこの「紫外線」とは一体何なのでしょう。私なりに調べてみました。

まず、太陽の光というのは、紫外線、赤外線、可視光線と波長により3つのパターンに分けられるそうです。そしてその中でも紫外線というのは、私たちの身体に良くない影響を及ぼすと言われています。

この紫外線も、3つの波長に分けられています。

◆UVA波 波長が長く、真皮まで届いてしまいます。
長く浴び続けると、エラスチンやコラーゲンを破壊したり、肌のハリや弾力を奪います。これにより皮膚がたるんだりシワの原因になります。

◆UVB波 波長が短く真皮までは届きません。
しかし、肌の乾燥や乾燥ジワの原因となります。またUVB波を長く浴び続けると、メラニン色素が残ってしまったりして、シミの原因ともなります。

◆UBC波 もっともエネルギーが強いが、酸素やオゾン層などに吸収をされてしまい、地上に届くことはありません。

これら3つに分けられていますが、私たちが一般的に紫外線と呼び、予防を行っているのは、UVA波とUVB波についてですね。
これらはPA(UVA波)、SPF(UVB波)と書かれている日焼け止めで予防することができます。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.