日焼けケア

日焼けをしたらアフターケアでシミの原因を断ちましょう

日焼けをしたくないと思っていても、ついつい油断するとすぐ肌が赤くなったり日焼けってしてしまうものですよね。
もし、日焼けをしてしまったら、そのままの状態にしておくのは厳禁です。
処置を怠ると後々シミの原因になってしまうかもしれません。
万が一、日焼けをしてしまったら、お肌の処置(アフターケア)も重要なんです。

1. まずは冷やしましょう!

日焼けというのは、やけどと同じ原理ですので、まずは冷やす事が大切です。
日焼けでほてった肌には、冷たいおしぼりや保冷剤、アイスノンなどでしっかり冷やし、炎症を抑えましょう。
すぐに化粧水や乳液などを肌に着けてしまうと、肌がヒリヒリとしたり、皮膚が刺激で肌が赤くなり炎症を引き起こしたりすることもあるので注意が必要です。
また、自分の水分補給も大切です。ミネラルウォーターやビタミンウォーターなどで、しっかりと水分補給を行ってくださいね。

2. 保湿をしっかり

ほてった肌が落ち着いたら、日焼け後の肌を保湿しましょう。
日焼け後の肌は、角質が厚くなり、ごわつきやカサつきなどがあり、水分が不足しがちです。化粧水とコットンなどで、肌に充分な水分を与え、その後乳液などで肌を整えておきましょう。
市販されている、コットンシートマスクなどを使うと便利ですよ!

3. 皮がめくれてきたら

めくれてくる皮というのは、ついつい剥がしたくなってしまうものですね。
でも、無理に皮を剥がすのは禁物です。
無理に皮を剥がしたりするのは、皮膚の炎症を起こしたり、皮膚トラブルの原因となりますので、掻いたりこすったりせず、お肌の保湿をしながら、自然にむけるのを待ちましょう。

水ぶくれになったら

ひどい日焼けをすると、ひやけした部分が「水ぶくれ」になることがあります。

そもそも日焼けは「やけど」と同じ原理で起こります。。
皮膚が日光に当たり、紫外線による刺激に耐えられないと、炎症を起こして赤くなり、やけどの状態になってしまいます。。
こういった状態を「サンバーン」と言います。。
このサンバーンが、水ぶくれやしわ、しみ、ソバカス、皮膚がんなどの原因をもたらしたりするのです。

この水ぶくれというのは、痛かったり痒かったり、ついつい潰したくなってしまうものですが、日焼けによる水ぶくれは絶対に潰さないように気を付けましょう。

また水ぶくれができてしまったら「やけど」ですから、とにかく「冷やす」ことが大事です。冷やしたタオルや冷たいシャワー、水風呂などで優しく冷やすようにして下さい。。
あまりひどくこすったり、強いシャワーを当てたりすると、水ぶくれが潰れてしまうこともありますので、注意して下さいね。

また、幹部に塗る薬ですが、破いてしまいそうで手で塗れない場合は、皮膚科などでスプレータイプの薬を出してくれますのでそういったものを利用すると、衛生的でいいかもしれませんね。。
破れた水ぶくれにばい菌が入ってしまうと、二次感染にもなりかねません。そうなると、患部が膿んでしまったり、水ぶくれが跡となって残ってしまうもしれませんので、扱いには気を付けましょう。

できれば、皮膚科を受診して医師の指示に従って治療されることをお勧めします。

©Copyright 2013-2018 日焼けケア.net All right reserved.